【極●●●●討滅戦】タイムライン&ギミック解説

- Category - 討伐・討滅戦

 

タイムライン
フェーズ1
折檻
宵の早替え
宵の早替え
折檻
月下彼岸花

折檻

全体ダメージ

 

宵の早替え

武器を持ち替えます。持ち替えた武器によって攻撃パターンが変わります。
また、2回目は1回目に来なかった方の攻撃が来ます。

パターン① 左手に武器(銃)の場合…ランダム1名に直線頭割り
全員で背面に集合して攻撃を受けましょう。

パターン② 右手に武器(槍)の場合…タンク→DPS→ヒラの順番で各ロールランダム1名に向かって扇状範囲
タンク正面、DPS西背面、ヒラ東背面に分かれて受けることで2つ以上攻撃を受けずに済みます。

早替えは後半にも来るので覚えておきましょう。

フェーズ2
雑魚x8 POP
雑魚x7 POP
ゼノス POP
ヨツユと線で結ばれている雑魚敵はタゲを取ることができません。
逆に線で結ばれていない敵はタンクが取ります。線持ちがヨツユを集中して狙うので先に倒しましょう。
ゼノスは全体範囲を連打するのでヒーラーは注意です。
 フェーズ3-1
月下彼岸花
極の月読
宵の早替え
メテオ
月天心
折檻

 極の月読

全員に満月下(スタック4)か新月下(スタック4)が付与されます。
フィールドが白黒の模様になり、白いフィールドの上にいると満月下、黒いフィールドの上にいると新月下がスタックしていきます。
5スタックすると死の宣告が付与され、即死となります。
両者は打ち消し合うため、満月が付与されると新月が消え、新月が付与されると満月が消えます。
フィールドの判定は5秒毎で、判定のない間は自分のデバフと違う色に乗ってもデバフは変わりません。
そのため、まずは自分のデバフがついた色と異なる床で待機しましょう。

 ⇐満月下。白床で付与。新月下を打ち消す

 ⇐新月下。黒床で付与。満月下を打ち消す。


▲新月下が付与されたら、白床で待機することで満月下に付け替えることができる。

 

その後、白黒半々だったフィールドが、三日月状になり、その後、全面が三日月時の面積の広い方になります。
この時点で、面積が狭かった方のデバフに付け替えていないと、デバフが5スタックを超え死んでしまいます。
文字の説明だと難しいと思いますが、仕組みは単純で、まずは面積の広い方の色でデバフをスタックさせ、
宵の早替えの詠唱あたりで狭い方の床に乗ればOKです。

※白と黒が逆の場合もありますが、動きは一緒です。

 

早替え+メテオ

ここのフェーズの早替えは必ず頭割りになるので背面で受けます。同時にST、ヒラ1名、DPS1名にマーカーが付与され、
一定時間後に対象の位置にメテオが降ってきます。AoEの面積は広く、ダメージは約7万と、ヒラDPSは耐えられないため、安置を作ります。
また、落下した隕石は落下した地点の床の色に変化し、一定時間後に再度爆発し(この時の範囲の広さは着弾時と同じ)とその色に応じたフィールドが出現します。
これを使って、全面時にデバフが5スタックするのを防ぐことができます。三日月側になっている色の隕石を作りたいので、下記のように捨てます。

タンク:北の三日月側 DPS:南の三日月側 ヒラ:東or西(面積の広い側)
ヒラが面積の広い側で落とすのは、同時にくるドーナツ型AoEの安置とメテオの安置を重ねないようにするためです。
メテオが爆発すると、三日月側に落としたメテオが全面の色と反対の色になっているので、そこに駆け込みます。

 

月天心

中央からの距離減衰攻撃

  フェーズ3-2
座敷遊び
宵の早替え
なぶり殺し

座敷遊び

予兆として扇子が現れ、一定時間後に扇子が円形の範囲攻撃をしてます。
2回に分かれて出現するので、後に出現した方に一度退避し、1回目が爆発したらそちらへ移動します。
その後早替えで槍または銃がきます。槍の場合はタンク位置を基準にP1と同様3方向に分かれましょう。

 

なぶり殺し

MTに向かって扇状範囲攻撃+魔法耐性低下です。
MTはバフを使って受け、STは詠唱中にスイッチしますが、範囲に巻き込まれるとSTも魔法耐性低下をもらってしまうので、側面などで挑発するようにしましょう。

  フェーズ3-3
極の月読
宵の早替え
メテオ
月天心
流れはフェーズ3-1と同じですが、早替えが銃ではなく槍になります。
ロールごとで3方向に分かれていれば何てことはないです。

STとDPSのメテオ対象は3-1と同様A、Cに捨てます。
フェーズ4-1
月刀右近/左近
月刀右近/左近
折檻
月下繚乱
月刀右近/左近
なぶり殺し
破月
月刀右近/左近
折檻
以下ループ

 

右なら右半分、左なら左半分の攻撃です。
AoE形状はヘアカットでなく、天動3層のレフトライトのようなイメージです。

また、ボスについているバフに応じて、同時に円形かドーナツ型の範囲攻撃が来ます。
ボスが白バフならばボス中心の円形範囲、黒バフならばボス中心のドーナツ型範囲です。

 

残りはAoE避けゲーです。
月下繚乱はアク・モーンのような頭割り複数回
破月はマーカのついたST、ヒラ1、DPS1を対象に小範囲ダメージがあります。